わかりやすい!家電リサイクル法を説明

わかりやすく家電リサイクル法の基本に触れたリサイクル情報サイト

>

家電リサイクル法以外の家電のリサイクルや法律

家電リサイクル法と目的

家電リサイクル法、正式名称、特定家庭用機器再商品化法は、家庭ごみのうち処理が難しいものの、再利用の余地がある部品を多分に含む、主に大型家電を対象とした特定家電の廃棄について定めた法律の一つです。
消費者はリサイクル料金や諸経費を支払い、対象家電を処分して、小売業者は販売した対象家電の回収や買い替え時に同系統の家電の回収を担う他、回収した対象家電を処分可能な製造業者に引き渡します。
製造業者は製造した対象家電を引き取った後、家電リサイクル法に基づきリサイクルすることに加え、製品の耐久性やリサイクル性の向上を求められます。

なぜ家電リサイクル法が制定されたかというと、家電リサイクル法の主な対象となる機器は、処理が難しいものの、貴金属やレアメタルに代表される価値の高い部品を含んでいることから、リサイクル価値が高いためでしょう。

リサイクルと家電リサイクル法

リサイクルと言えば、廃棄物の有効的な再利用を目的とした行為全般を指しますが、リサイクルはリサイクルだけで独立しているわけではなく、省資源高耐久かつメンテナンス性を考慮した製品開発を行うリデュースや使用済みの製品や部品を直接的に再利用するリユースと併せて、リデュース・リユース・リサイクルの3Rにおける資源消費抑制サイクルの一角です。

つまり、貴金属やレアメタルのような価値の高い部品を含んでいることのみならず、国際的に資源の枯渇や環境保全の気運が高まっていることを踏まえ、リサイクルを介し高価値の廃棄機器をリデュース・リユース・リサイクルの3Rのサイクルに加えることこそが、家電リサイクル法の本質と言えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る