わかりやすい!家電リサイクル法を説明

わかりやすく家電リサイクル法の基本に触れたリサイクル情報サイト

>

対象機器ごとの対象基準

エアコンや冷蔵庫の対象機器

家電リサイクル法の対象となる機器は、エアコン・冷蔵庫・テレビ・洗濯機に大別されることになります。
対象機器の全てが対象という訳ではなく、家庭用機器のみがその対象とされます。

例えば、エアコンの場合、一般的な家庭用エアコン全般が家電リサイクル法の対象となるものの、家庭用での利用であっても、埋め込み型のエアコンや天吊り型セパレートエアコンのような業務用エアコンは対象外となります。
冷風機・除湿器・換気扇も対象外で、移動型のスポットエアコンや室外機と直結するパッケージエアコンも同様に対象外です。

冷蔵庫についても、家庭用か業務用かで家電リサイクル法の対象か否かが決まっており、家庭用冷蔵庫と付属品は家電リサイクル法の対象で、家庭用のワインセラーも含まれます。
おしぼりクーラーやマイナーな保冷米櫃、商業色の濃いショーケースや冷凍ストッカーは家電リサイクル法の対象ではありません。

テレビや洗濯機の対象機器

エアコン・冷蔵庫・テレビ・洗濯機といった家電リサイクル法の対象機器は、家庭用は対象であり業務用は対象外であることに加え、付属品やそれに準ずるものも電池や蓄電池を内蔵したものも、対象外になりやすいと理解するとわかりやすいでしょうか。

テレビを例に具体的に分類すると、家庭用の室内用テレビの大多数は家電リサイクル法の対象となるものの、電池式や充電式の小型テレビや組み込み型テレビ、パソコンモニターなどは対象に含まれません。

洗濯機の場合なら、家庭用の洗濯機や衣類乾燥機は基本的に家電リサイクル法の対象です。
衣類乾燥機能付き布団乾燥機や衣類乾燥機能付きハンガー掛けのように、機能的に洗濯機の延長線上から逸脱し過ぎると家電リサイクル法の対象外とされます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る